HOME > 企業情報 > 事業紹介 > インナー事業
事業紹介
レッグ事業インナー事業介護用品事業
インナー事業
年代にあった豊かで美しいインナーウェアの提供を目指して。

年齢とともに大きな成長や変化を遂げる女性の体。
だからこそ、女性の悩みや要望をもっと細かく
─たとえばライフステージごとに─
見ていく必要があるのではないかとアツギは考えています。

事業内容

アツギのインナー事業では、ブラジャー・ショーツ・ガードル・スリーマ・キャミソールなどのインナーウェアを、百貨店や専門店、大手量販店などを通じてご提供しています。また、インターネットを通じて消費者の皆様への直接販売も行っています。

アツギのインナー事業が目指しているのは、「年代にあった豊かで美しい衣生活を提供すること」です。この実現にむけて、「エイジセグメントの考え方」と「レッグウェア事業と共通の生産基盤と生産技術」という2つの強みを活かした商品づくりを進めています。

商品企画段階では「エイジセグメントの考え方」がもっとも強く反映されています。アツギが対面している幅広い層のお客様を、より深くより多面的に知るために、ライフステージごとの嗜好調査はもちろん、新商品の試着テスト、さらにはファッション市場の動向分析までさまざまな施策を展開。こうしてあらゆる面からお客様のニーズを探り、商品の企画・開発に活かしています。

一方、「レッグウェア事業と共通の生産基盤と生産技術」は、他社の追随を許さない高品質な商品製造の要となっています。たとえば丸編機や成型編機、検査装置などアツギが誇る生産設備は、レッグウェアとインナーの両事業の叡智を結集し、日々開発や改良が進められています。均一で高品質な商品を安定供給できる体制は、こうした生産基盤によって支えられているのです。

代表製品
■ オリジナルブランド 製品情報はこちら
レッグウェアで培われたアツギの高度な技術と生産基盤を活用し、それぞれのライフステージに求められる機能を備えた商品を安定的に提供しています。
   
ハイジュニ
初めてブラをつけるローティーンにピッタリなファンデーションシリーズ。少女から女性へと成長していく大切な時期だからこそ素材にこだわりました。肌に優しい綿混のストレッチ素材が成長期の体をやさしく守ります。
ラシェール
団塊の世代ミセスの多様化したニーズに対応。おしゃれなファンデーションがほしい、気になる部分をしっかり引き締めてほしい、リラックスできる下着がほしい…。ライフシーンによって変わるミセスのニーズに応えた「選べるラインナップ」が特長です。
骨盤メイク
履くだけで簡単に骨盤を引締め、美しい姿勢作りをサポートする機能ショーツ。
エレガントなレースタイプ、アウターにひびきにくいヘムタイプがあり、さらにしっかり引き締めたい方には、骨盤メイクのガードルがオススメです。
3DCOVER
普遍的なショーツの悩みである「ずり上がり」「くい込み」「段差」。これらをアツギ独自の3Dパターンで解消し、多くのお客様よりご好評頂いております。
年齢と共に変化するミセスのお尻に優しくフィットいたします。
インナーウェアの今後

今後のインナーウェア業界を展望する上で、特に重要なキーワードが3つあります。

まず1つ目は「健康重視」。超高齢化社会を迎えようとしている日本では、今後健康に対する意識がさらに高まっていくものと考えられるからです。

2つ目は「いつまでも若く美しく」。現在の市場動向に大きな影響を与えている団塊の世代やその子供世代にあたる団塊ジュニア世代は、かつての同年代層と比べて、若さへの意識や美に対する感性が高くなっています。女性が「若く」「美しく」あるための努力を惜しまなくなる傾向は、今後ますます強まっていくでしょう。

3つ目は、「自分の時間や生活の重視」。お仕着せの画一的な価値観を捨て、自分の価値観を大切にする人が少し前から増えてきました。自分自身としっかり向き合いながら毎日の生活や人生を楽しんでいく人々は、今後も増えていくと予測されます。

上記のような変化に対応するべく、アツギのインナー事業では、日本のマーケットをエイジ別の人員構成から把握し、それぞれの年齢層のライフスタイルやその背景にあるニーズを深く分析、インナーウェア開発に積極的に取り入れていく予定です。

業界唯一の開発〜生産の一貫体制が高品質・高機能・ファッション性を実現します。

レッグウェア事業

アツギの技術力は、介護する人と介護される人が快適に暮らせるようにサポートします。

介護用品事業


企業情報

企業理念
社長挨拶
会社概要
事業紹介
社史・沿革
役員紹介
ネットワーク
環境方針
品質方針
アクセスマップ

製品にかける思い 〜担当者に聞く〜
品質へのこだわり
CSRの取り組み
アツギブランドストーリー