ATSUGI

ATSUGI Brand Story アツギブランドストーリー

すべての女性の「美しさ」と「快適さ」に貢献したい。その想いこそがすべての出発点。ストッキングのトップブランドとして、常に業界をリードし続けてきたアツギ。時代の常識を塗りかえる、まったく新しい価値を世に送りだす挑戦の歴史をご紹介します。

創業 日本の女性をサポートする衣料メーカーを目指して

1947年 創業者堀禄助、厚木編織株式会社を設立

アツギの創業者堀録助がアツギ株式会社の前身となる「厚木編織株式会社」を設立。
それは、まだ食糧さえままならぬ時代にあって、多くの女性が新しい時代の息吹を受けて精一杯のおしゃれに苦心していた時代でもありました。

堀はそうした女性たちを見つけるにつけ、この味気ない時代に終わりを告げ、やがて美しい衣服を自由に楽しむ時代が来ることを予感。「すべての女性の美と快適に貢献したい」と夢を描きます。
創業当時手がけていた捕鯨用ロープの製造により「ナイロン」という新素材に出会ったことが、後にナイロンストッキングを製造する大きなきっかけとなります。

時代背景

1947年 衣料切符制、復活

戦争が終了したばかりのこの頃、家族を養うために多くの日本女性は働きにでるようになりました。
しかし、国内ではあらゆるモノが不足していたため、1947年、衣料は再び配給制の対象となっていました。
「機能一辺倒のモンペではなく、少しでもお洒落な服装で働きにでたい。」
そんな切なる願いから、女性たちは和服を解いたり手持ちの服に生地を足したりしながら、新しい時代のおしゃれを楽しもうと小さな工夫を重ねていたのです。

ページ上部へ

躍進 不自由さからの解放――シームレスストッキング

1955年 「もっとはきやすいストッキングを」日本初シームレスストッキングの生産・販売を本格的に開始

当時の日本では、後ろに縫い目(シームライン)のある「フルファッション」と呼ばれるタイプのストッキングが主流でした。このストッキングは少し動いただけで縫い目が歪んでしまうため女性たちは絶えず脚の後ろに気を使わねばならず、動きやすい洋服を着ているわりには行動が制限されていました。
これを見た堀は「日本の女性にもっとはきやすいストッキングを身につけてほしい」という想いから、シームレスストッキングの製造方法を研究しはじめます。
膨大な資金を投入し、アツギが国内初のシームレスストッキングを本格的に生産・発売したのは1955年のこと。しかしシームレスストッキングが受け入れられるようになるには時間が必要でした。「ストッキングをはいていないように見えるのが恥ずかしい」という気持ちが当時の女性たちにはあったからです。
シームレスストッキングが日本女性の間に浸透したのは、それから6年後の1961年のこと。もう縫い目の歪みを気にする必要がなくなった女性たちは、胸を張り、颯爽とした姿で街を歩くようになりました。

アツギレッグウェア 製品ヒストリー

1961年 シームレス

脚の後ろに縫い目のない国内初のシームレスストッキングを生産・発売したのは1955年のこと。それから6年後「シームレスストッキング」の本格的国内販売を開始。

1962年 ノーランシームレス

「ノーラン」の用語を市場に定着化させた、伝線が広がりにくい歴史的製品。

時代背景

1953年 八頭身美人の伊東絹子がミス・ユニバース第3位に

1953年7月、日本代表としてミス・ユニバースに出場していた伊東絹子が世界第3位に選ばれました。
このニュースは、敗戦に打ちひしがれていた日本人を大いに勇気づけるとともに、彼女の日本人ばなれしたプロポーションは日本中に大きな衝撃を与え、「八頭身」が流行語となったのです。
女性の美しさを構成する要素として、顔立ちの麗しさの他にプロポーションの良さが加わったことを象徴する一大事件でもありました。

拡充 イキイキとした活動の原動力――パンティストッキング

1968年 「ミニスカートでも安心」日本初パンティストッキング販売開始

スカートの丈が短くなるに従い、女性たちにとっては新たな悩みが浮上してきました。当時のストッキングはガーターベルトを使って留めるタイプだったため、ミニスカートをはいた時に腿や下着が見えてしまったり、ずり落ちてしまう心配があったのです。
このような不便を解消するため、アツギでは欧米市場で流行の兆しを見せていたパンティホーズ(パンティストッキング)の提供を検討しはじめます。
従来のストッキングとは生産工程がまったく異なるため、設備の開発や改良は困難をきわめました。しかし1968年、ついにアツギは日本初のパンティストッキング生産に成功し、販売を開始します。
パンティストッキングで身を包んでいる安心感は、つつましい日本女性に脚を出す勇気を与え、より活動的・行動的なライフスタイルを生み出す原動力となりました。

アツギレッグウェア 製品ヒストリー

1968年 APS パンティストッキング

ミニスカートの不安を解消する、パンティ部とレッグ部が一体となった日本初のパンティストッキング生産に成功。全国で一斉に販売を開始。

1969年 APS ノーラン

日本の女性の脚元を変えた「APS」から、伝線が広がりにくいノーランタイプが登場。

時代背景

1967年 ミニの女王、ツィッギーが来日

1960年代前半、マリー・クヮントやクレージュがパリコレで膝頭が見えるほど丈の短いスカートを発表。これによりミニスカートは世界的に広がっていきました。
日本で一大ブームのきっかけとなったのは、スーパーモデル、ツィッギーの来日でした。「ツィッギー(小枝)」という名前のとおり、華奢な体型の彼女はミニスカートがよく似合い、当時の日本女性は皆、彼女に憧れました。こうして国内でも、ミニスカートを楽しむ女性が爆発的に増加していったのです。

伸展 男女平等への力強い歩みを支える――サポーティストッキング

1979年 はき心地がよく丈夫でたるみの少ない世界初フルサポーティストッキングを発売

当時の一般的なストッキングは着用日数が3〜4日程度で、足首や膝の部分がたるむという欠点がありました。
そこでアツギでは、世の女性が一日中たるみを気にすることなく仕事に集中できるよう、全く新しいタイプのストッキングを開発するプロジェクトが1975年に立ち上げられました。
このプロジェクトは、病床にあった堀自らが陣頭指揮をとり、糸の研究から始められました。その結果、よく伸びるポリウレタン糸に細くて丈夫なナイロンを巻きつけた「カバリングヤーン」の開発に成功。こうして、それまでのストッキングと比較にならないほど丈夫で、しかも美しい光沢とフィット感をあわせ持つ、世界初のサポーティストッキングが誕生したのです。
美しく丈夫なこのストッキングは、その後の日本女性の社会進出を文字どおり足元から支えていったのでした。

アツギレッグウェア 製品ヒストリー

1979年 スリムライン・ビューティーライン・タイトライン

「サポーティヤーン」の開発に成功し、丈夫でたるみが少なく、しかも美しい光沢とフィット感をあわせ持つ、世界初のサポーティストッキングを発売。

1980年 エクセルライン

当時としては世界一細いダブルカバリング糸を開発し、この素材を元に発売した超極細サポーティ商品。

時代背景

1975年 女性教師、看護婦、保母などの育児休業法成立

1975年は男女平等の社会実現に向けて、日本が大きな一歩を踏み出した年でした。
この年メキシコシティで開催された国際婦人世界会議をきっかけに、それ以降日本でも女性の自立や社会参加を求める動きが強まっていきます。女性教師、看護婦、保母などの育児休業を定めた法律の制定は、日本の女性の社会進出を助長し、その持てる力を発揮するようになっていく、記念すべき第一歩だったと言えるでしょう。

ページ上部へ

現在 いつの時代もストッキングはオンナのたしなみ…。

〜現在

被服の一部として生まれたストッキングは、現在、多くの女性は脚そのものを美しく魅せるためのものとして身に付けるようになりました。
これからもアツギは国内ストッキングのリーディングカンパニーとして女性のファッション、センシュアリティ、ライフスタイルに寄り添い、ストッキングFirst Oneへの挑戦をし続けます。

アツギレッグウェア 製品ヒストリー

2011年 ASTIGU (アスティーグ)

脚を美しく魅せる11種類の商品ラインナップをそれぞれの特長を「11の美意識で選べるパンスト」として消費者に分かりやすく伝え、様々なファッションを楽しみながらはきこなす新しい機能型プレーンストッキングとして提案。
2011秋冬シーズンからはプレーンタイツに、デニール(透け感)がもたらす陰影の効果やニュアンスの違いをスタイリングに取り入れる美意識を喚起。

1981年〜2000年の製品ヒストリー

1989年 ウルトラビューティ・スリムクリニカル

カバリグヤーン100%で編まれていて、目で見て横ジマがないのが特徴の「オールサポーティ」ストッキングをこの年世界で初めて開発、販売。

1994年 ミラキャラット

世界で初めて開発したヒップ立体成型を取り入れ、さらに扁平断面のナイロン糸を使用してこれまでになく美しい編目を実現。

1995年 プレスティ

ヒップからつま先まで立体的に編みたて、どんな動きにもズレることなくフィット。きめが細かく美しい透明感のハイゲージタイプで丈夫な商品。

1996年 メモリオ

フルサポーティ商品が持つ透明感と、オールサポーティ商品のなめらかなサポート感を持つ形状安定ストッキング。

1997年 ナチュア

新開発素材を使用しパウダリータッチの新感触を実現した、新世代のオールサポーティ「ナチュア」を発売。パンティストッキング誕生30周年。

2000年 コンフォート

世界で初めて画期的な天然繊維(綿)なみの高吸放湿糸を使用したパンティストッキング「コンフォート」を発売。

アツギレッグウェア 2000年〜現在の製品群

2001年 レリッシュ

柄ストッキングなどを中心とした、アイテム豊富なファッションレッグウェアブランド。

2002年 EXHALE(エクスエール)

国内最高峰を目指し長年培った技術の粋を集めた商品。プルミエールクラス(2003年春夏プレタポルテ)に出展。

2003年 「コンフォート」コスメをはこう!

「コンフォート」コスメをはこう!シリーズとして、「コンフォート」にコスメティックのテイストを加えリニューアル発売。

2004年 ミラキャラット 光サイエンス

光があたるだけで消臭・抗菌作用のある「光触媒」の技術を応用したストッキングを世界で初めて開発、発売。

2007年 ミラキャラット・スリムライン

創立60周年記念企画として「ミラキャラット」「スリムライン」をフルモデルチェンジ。

2015年 グレイスフル

美しいプロモーションを形成するために重要な5つの部位を独自の設計で引き締める【Five Shaping】という考えに基づいた、新しいアプローチのレッグウエアブランド。

現在の主なラインナップ

アツギの新スタンダードストッキング。11の美意識で選ぶパンスト。

スタイリングの楽しさを知る、知的な女性に贈る国内最高級レッグウエアブランド。
2011秋冬シーズンよりブランドリニューアル。

ほどよく時代のファッション感を取り入れた「フレンチモード&フェミニンスタイル」を楽しむ、アツギのコンセプチュアルブランド。

わたしの脚よ、自由にススメ!
レッグファッションをもっと自由にする、選べる3ライン。

創業者堀禄助から受け継いだ、女性の美と快適を追求するこころと技術を携え、これからもお客様と共に歩んでいくことを私たちはお約束します。