Style up Cafe トップ > マナー講座 > 暮らしのマナー vol.4
マナー講座 暮らしのマナー
Vol.04 脚元がポイント!美しい乗り物の乗り降りと快適な過ごし方

自動車や電車、飛行機などの乗り物は、私たちの生活に欠かせないものです。それだけに乗車中はマナーを守り、快適に過ごしたいもの。とくに公共の乗り物は、大勢の人が利用します。みんなで気持ちよく利用するためにも、マナーやルールをいま一度確認しておきましょう。

乗り物の席次 エレガントに見える車の乗り降り 乗り物内でのちょっとした気遣い

知っておきたい、乗り物の席次

普段何気なく乗っている乗り物にも席次があります。席次を把握し、目上の人にさりげなく上座を譲る大人のマナーを身につけましょう。
席次は、原則をふまえた上で、そのときの状況に応じて臨機応変に対応することが大切です。

---*電車*---

※寝台列車の場合は、下段が上席
・景色がよく見える進行方向の窓側が最上席。通路側が次席、真ん中の席が末席。

---*タクシー*---

---*上司やお客様が運転する車*---

・基本的にはタクシーのように、運転席の後ろが上席、助手席は末席
・上位の人が運転する場合は、助手席が上席に
・後部座席に3名いっぱい乗車の場合は、窮屈になるので、助手席の人が真ん中の人と代わるなどの気配りを
・お客様が運転する車に上司と2人で乗り込む場合、ルール上は上司が助手席ですが、後部座席の方が広々としているため、上司を後部座席にするなど臨機応変に

---*エレベーター*---

・ボタンの前が末席、入り口から向かって左奥が上席
・ボタンが両側の場合、上席と反対側(つまり入り口に向かって右側)が末席
・乗り降りはお客様や上司を優先させる。その際、ドアを押さえ、最後に末席に乗り込み、ボタンを操作する
・複数の人が乗り込む場合は、「失礼します」と断って先に乗り、扉を開けておくためにボタンを押すなど融通をきかせて
・末席では、上席に背中を向けないよう、横や斜めを向いて立つように

---*エスカレーター*---

・つねに上側が上席
・上りは上位の人に先に乗ってもらい、下りは下位の人が先に降りる
・急ぐ人のために片側をあけておくように

エレガントに見える車の乗り降り

ちょっとした心がけで、車の乗り降りが見違えるほどエレガントになります。ポイントは足をつねに揃え、一連の動作をゆっくり慌てずに行うこと。ぜひ試してみましょう。

● 乗り方

1.荷物を先に中へ入れる
2.車に背を向け、腰から入り、シートに浅く座る
3.揃えた状態で両足を浮かせる。このとき、つま先まで揃えて伸ばすと脚長効果あり
4.足を半回転させ正面を向き、深く腰かける

● 降り方

1.ドア近くに体を寄せる
2.足を揃えたまま、体を半回転させ、足から先に降りる
3.足を地につけ、上体をかがめ、腰をあげる
4.すっと立ち上がり、服を整える

ちょっとした気遣いで、ワンランク上の女性を目指そう!

代表的な交通手段である電車、新幹線、飛行機は身近なだけに、気付かずにやってしまっている迷惑行為が結構あるもの。忘れてはいけないのは、「公共の乗り物」であるということ。やってしまいがちなNG行為や注意点を確認しておきましょう。

● 電車

1. 混んだ車内では、リュックサックは網棚に乗せるか前に持つように
2. ひざを開いたり、足を前に伸ばして座るのはNG。混んでいる車内では足を組むのも避けて
3. ポニーテールなど高い位置で結んだ髪は、誰かの顔にぶつかる可能性があります。まとめていない髪も邪魔になるので、髪の毛に気を配るようにしましょう

● 新幹線

1. シートを倒すときは後ろの方にひと声かける。元の位置に直すときも同様に
2. 窓際の席から通路に出る場合、「前を失礼します」とひと声かけましょう
3. 新幹線の中でも携帯電話はマナーモードに設定し、通話はデッキで行うように
4. 休んでいる人もいるので、話声や物音には注意しましょう
5. 席を回転させてボックスの状態にしていても、他の人が乗ってきたら元に戻す


● 飛行機

1. 持ち込み荷物は最小限にし、機内のロッカーで幅を取らないように
2. 前の座席の隙間や、他人のヘッドレストの上に足を乗せないように
3. 食事のときは、後ろの席の人のために倒していたシートを位置を元に戻しましょう
4. 前の座席を蹴ってしまうことのないよう、足を組むときなどは細心の注意を払って
5. 飛行機のような密閉した空間での香水の使用は避けましょう
6. 席が密着する機内では足がぶつかる可能性も。靴を脱ぎスリッパに履き替えましょう

アッキーの脚元美人ポイント 機内って思うように身動きがとれないから窮屈ですよね。また、気圧の関係で足はむくむし、お肌も乾燥しがち。そんな機内を少しでも快適に過ごすためのお役立ちアイテムがあります。それは機能靴下。足のむくみを防ぐもの、快適な着用感を実現してくれるもの、着脱が楽でルームソックスとしても使えるものなどいろいろあるので、ぜひ試してみて!

〔監修者〕高橋 祥子(たかはし さちこ)

月刊誌『Como(コモ)』(主婦の友社発行)副編集長。実際に雑誌を編集している中で手に入れた、女性の役に立つファッション情報を提供し続けています。

雑誌『Como(コモ)』の公式サイト http://mama.shufunotomo.co.jp/

アツギで更にキレイを目指す! ATSUGI Style Up Shop オンラインショップはこちら ショップを見る

製品の詳しい情報はこちらから 製品情報 製品情報を見る