HOME > IR情報 > 株主・投資家の皆様へ
株主・投資家の皆様へ
代表取締役社長 社長執行役員 工藤 洋志 株主の皆様には、ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。
ここに当企業集団第92期(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)の営業の概況をご報告申しあげます。
これもひとえに皆様方のご支援の賜物と厚く感謝申し上げます。

平成30年6月
代表取締役社長 社長執行役員 工藤 洋志
営業の概況
当連結会計年度におけるわが国経済は、一部企業における収益や雇用環境の改善が継続するなど、全体として緩やかな回復基調となりました。その一方で、米国政権の政策運営や東アジア地域における地政学リスクの顕在化などにより世界経済の不確実性は高まっており、先行き不透明な状況で推移しました。繊維業界においては、インバウンド需要による消費の下支えが見られましたが、先行き不透明感による消費者の節約志向・生活防衛意識は依然として根強く、個人消費は引き続き力強さに欠ける状況が続き、企業間競争が一段と激化するなど、厳しい環境にあります。
このような状況において当社グループは、2015年度から2017年度までの3年間を実行期間とする中期経営計画『ATSUGI VISION 2017』の最終年度にあたり、基本戦略として定めた「製造原価の低減」、「強いアツギブランドの構築」、「営業戦略の強化」、「海外販売の拡大」、「人事戦略の強化」の5つの課題への取り組みを更に推し進めながら、原料加工から最終製品までを一貫生産し販売する専業メーカーとしての特性を活かし、価格を上回る価値ある商品の企画開発と、グループ全社を挙げて効率性アップに取り組み、収益改善に努めてまいりました。
この結果、当連結会計年度の売上高は23,963百万円(前期比2.9%増)、営業利益は849百万円(前期比18.4%減)、経常利益は832百万円(前期比24.7%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は579百万円(前期比14.1%減)となりました。
なお、事業別の状況は次のとおりであります。
 
[繊維事業]
(1) レッグウエア分野
厚手のプレーンタイツなどの季節商品やリブソックスなどが好調に推移したほか、プレーンストッキングを中心としたベーシック商品が堅調に推移したことにより、トレンド性の高い商品の伸び悩みをカバーし、同分野の連結売上高は19,652百万円(前期比2.6%増)となりました。
(2) インナーウエア分野
スポーツインナー関連が順調に推移したほか、主力のブラジャーおよびショーツも好調に推移し、同分野の連結売上高は3,084百万円(前期比6.1%増)となりました。
これらの結果、繊維事業の連結売上高は22,736百万円(前期比3.1%増)、営業利益は355百万円(前期比33.9%減)となりました。
 
[不動産事業]
保有資産の有効活用などにより、当事業の連結売上高は654百万円(前期比0.5%減)、営業利益は455百万円(前期比4.7%減)となりました。
 
[その他の事業]
その他の事業につきましては、介護用品は市場環境の変化などにより厳しい状況が続いております。一方で、太陽光発電による売電が年間を通じて順調に推移しました。これらの結果、当事業の連結売上高は572百万円(前期比1.5%増)、営業利益は38百万円(前期比56.7%増)となりました。
IR情報

株主・投資家の皆様へ
IRニュース一覧
株価情報
財務情報
コーポレートガバナンス
IRカレンダー
株主総会
株主優待
決算短信
有価証券報告書
電子公告
株主メモ
お問い合わせ
免責事項
ディスクロージャーポリシー

品質へのこだわり